名探偵のいない密室

出会う前からの長いお別れ

【感想】舞台『弱虫ペダル』IRREGULAR〜二つの頂上〜

10月下旬から11月間の5回の観劇、作品にして4つの舞台を観に行って参りました〜〜!

10/30 ペダステ ソワレ
11/1 ペダステ マチネ
11/6 ヴェローナの二紳士 
11/7 カレーライフ 大千秋楽
11/28 ハイパープロジェクション演劇 ハイキュー

11/1のペダステは前もって決まっていたのですが他の予定はほぼ前日に決めて勢いで行きました!最近の行動力には自分でもびっくりですちょっと引きます!今回は舞台 弱虫ペダルについてダラダラ書いていきます。


10/30は直前にお譲りいただいたプレミア席の7列目で、初めてあんなに近くで見るキャストの皆さんのきらきらに終始ため息をついていました....。
 今回は圧倒的人気を誇る巻ちゃんこと巻島裕介と東堂尽八のお話でした。わたしは兼ねてから東堂役の北村諒くんをすごく推していたので今回のペダステはとっても期待していたのです!
もちろん期待以上の出来だったのですが、東京公演も長かったせいか、北村くんの声に違和感がありました。10/30は大阪二回目だったためかちょっと枯れてるかなあという程度だったのですが、11/1のマチネでは歌が辛そうで心配でした。(大千秋楽のライブビューイングには行けなかったのですが、廣瀬さんも北村くんも声の調子が戻っていたようなので安心しました〜。)
長い公演ならではの苦労ですね。
 詳しい内容はDVDや他の感想ブログのかたにお任せするとして(笑)わたしの感じたことを書いていきたいと思います。
東堂と巻ちゃんはなにかとペアにされやすい二人なのですが(笑)今回のペダステは二人の孤独な男が出会って別れるまでの物語だったなあと思います。あくまでも一人の男が自転車によってアイデンティティを獲得し、同じように自転車に救われた相手に出会うという過程が丁寧に描かれていました。原作を上手に切り張りして2人にスポットライトが当たっていました。わたしが特に嬉しかったのは歯磨きしてる真波に東堂がアドバイスするくだりを完全再現してくれたことです!真波が大好きなので原作でも思入れのある「ほーどーひゃん」が聞けてめちゃくちゃ嬉しかったです.....。北村くんのそつなく器用な東堂が後輩への託し方に戸惑い揺らぐ姿も切なくてよかった!
巻ちゃんパートでは客降りがありました。隣の友人の横が通路だったのですがちょうど斜め前で巻ちゃん(廣瀬)さんがスポットライトを浴びてキラキラしてたのを覚えています。そして小野田くん(小越くん)が通路を後ろから降りてきたところで、後ろの方が通路に置いていた荷物をえへへって感じで拾って渡してました。かわいい。小越くんっょぃ。ただ、わたし自身は客降りは大歓迎なのですが、二階席で見たときは全く見えなかったので賛否両論あると思います。梅芸は大きいホールなのでちょっと向いてないかな...。
 次回作が発表されましたが、わたしはこういうペダステの決して停滞しない新しい風を求める姿勢がとても好きです。弱虫ペダルの人気の主軸である三年生という存在はとても大きいものですが、それを軽々と乗り越えていく勢いを感じます!DVDも次回作も心待ちにしてます。

それにしても三月は2.5次元界隈が元気すぎ。