名探偵のいない密室

若手俳優の舞台のこと中心

【感想】CLUB SLAZY The 4th invitation〜Topaz〜



うああああああ〜〜〜〜!!!スレイジー楽しかった〜〜!!!出会えてよかった!!!!!!以下ネタバレしかない!!













 





まずは大千秋楽お疲れ様でした!!米原さんの喉が心配だったけど無事終えたようで良かったです。幸せなことに大阪支店のガーネットカードを三枚手に入れることができて連続して入店できましたほんとうに各位に感謝です。


わたしがスレイジーに出会ったのは今年の9月と随分最近のことですが、初演のDVDを見た次の日には2nd、3rdを注文していたという狂いっぷりでした。スレイジーの魅力を挙げるとすればわたしは一番に楽曲をあげます。どの曲もメロディアスでセクシーで一度聞くと絶対頭に残ります。何回も聞いて見た既存の曲を聞けたのはすごく感慨深いものでした。推しメンのCから始まる名前はCoolBeansちゃんのCLAZY GIRL!!!!!!!!!!!!!!!焦らしに焦らされたCRAZY GIRLはまさにCoolBeans(最高って意味)!!!!!!!!なんて楽しいんだあの曲。あの冒頭の来るぞ...来るぞ...って感じからもう最高。今回は師匠のOから始まるOddsの盛大なナルシスト勘違いとBから始まるBloomの新曲に邪魔されて結局後半まで披露することはなかったのですが、その焦らされたぶんだけすごい楽しい!セイクールビー!!!
そしてBloomの新曲!今までになかった感じの歌詞にちょっとスモーキーなリズム。一回目はサビの歌詞マーマレードかな?って友人間で言ってたのですが2回目でmoneyって言ってるのが分かりました。ma money かmy moneyかな....
完全に自分用のメモ

(ma?) my money my money
そりゃないだろう
君が恋に落ちたのは(money)
近づく素振りで
彼女はプロフェッショナル
たちまち彼女の財布に早変わり


ほんとに覚えてるとこだけ。三回も見たのに全然覚えてなくて不覚...。白手袋とスタンドマイクを使ったパフォーマンスでした。クールなBloomが彼女に夢中で財布の紐が緩んじゃう♡みたいな持ち歌があるってさあ...CLUB SLAZY内の作曲家まじでギャップ萌えを完全に理解してるよ。
B「俺はBから始まる名前はBloom」C「トップエースなんだよね〜」B「代理だけどね〜〜」C「ってなんで俺がお前の紹介しないといけないんだよ〜」B「ありがとう〜〜」夫婦漫才

かわいくてすきです。スレイジーで好きじゃない曲なんかないけど。これはきっと上位に食い込んだ。

そして今回一番の衝撃。Bloomは元ミスティックで8という名前を持っていた!!!The curtain songの後半を歌って出てくる8の衝撃!!記憶失くしてもう一回あの衝撃受けたい...。Jr.がミスティックに入ることになりJr.として新しい人生を歩めばいいと助言するQから始まるそのままQちゃん。ここでも新曲!


一度きりのライフ それでもいいのかい
一発逆転のチャンス!一攫千金ロマンス!一か八かでいいのさ!負けたって勝利のダンス
一度きり!一度きりのライフ
一度きりのライフ それでもいいのかい
願えば叶うっていうけど
そんなわけないだろう
ローラーコースター
落ちてるときこそ目を開けて


めちゃくちゃ楽しい....ほんっっとに楽しい。新曲なのにノリノリで聴けるんです。表情は隠したままでも力強く歌う8のパートが好きです。一攫千金ロマンス!そして歌詞が深い。私事ですが、最近に愛犬を亡くしまして、泣く以外してなかった最中にスレイジーに行きました。この歌詞で前向きになるきっかけを貰いました。
今後も特別な曲になると思います。
Deepに名乗らないBloomに向けてQがたしなめるように、そして自分にも問いかけるようにもう一度歌う、一度きりのライフ(仮)はより感情に寄り添ったものでした。どっちのバージョンもすごく好きです。今回では一番好きだなあ。
Oddsさんのdrugが超絶drugだったこととかBloomがめちゃくちゃ歌上手になってたこととか冒頭のCBの弾き語りが泣けることとかまだ書きたいことあるけど歌に関してはとりあえず以上。ルッキュ配信後に書き足すかもです。


お話について。
初演からBloomって昔女性関係でいろいろあって人を信用できない悲しくて冷たい男、みたいなイメージがありました。しかし今回の4で彼の見方が一変しました。ミスティックだったときから死にたがっていた(天国の階段を登りたい系)のに、ステージの上という生気に満ちた世界で生きていくことにしたBloom。その理由はひとえにJr.との約束があるからなんだよなあ...。僕はずっときみの側にいるよ。ステージへの野心のないBloomがトップエースを担うのはしんどいものがあると思います。だから代理。タナトスとJr.との約束の板挟みになってるBloom。このへん考え出すとぐるぐるいったりきたりになります。Deepに名乗らず近くで見守るだけがBloomの愛なのです。これはLove!(暫定)名乗らない本当の理由が明かされるまでは妄想が公式!そんなBloomにとってAから始まる名前はActの存在って大きいんじゃないかな。彼は望まずにセカンドエースになったわけだけどActはいつでも自分の上にいてくれる。BloomはActの帰りを待ち続けて代理トップエースで居続けます。
また8の話になりますけど、パンフレットによるとJr.がDeepのなるのと8がBloomになるには一年の差があるんです。Jr.がレイジーになっていまい側にいられない状況になって(レイジーとミスティックが個人的に仲良くするのはいただけない。そもそもレイジーはミスティックを判別できない?)、一年レイジーになるために8は努力したのかなって思ってます。一度きりのライフの「負けたって勝利のダンス」のところの8のダンスが心なしかぎこちない感じがあったから、もしかしたらそれまで踊れなかったのかも。ああ〜〜努力の男Bloom...。
4を経て初演、2、3を改めて見ると全く違う印象を持ちます。2のCBちゃんの「ニュージャックたるもの笑顔は百万カラットで!」の横にDから始まるDoobopがマジで見えるし...。初演のBloomとDeepのじゃれ合いの中の「これで貸しは348個と」とかさ〜〜〜〜!!!それいつからの貸しだよ〜〜ってなります。


DVDが四月で遠すぎだけどその間色々考えることができる!新作発表がなかったのはとてもつらい!!!だけどプレイボタンもあるし一度きりのライフ、新作まで前向きに生きます。なんてまとまりのない文章!!
とにかくありがとうCLUB SLAZY!!!!!f:id:mimikomgmg:20151228104515j:image
ガーネットカード2/3オッズという図