名探偵のいない密室

若手俳優の舞台のこと中心

羽根は大きく 結び目は固く なるようにきつく結んでいてほしい


こんにちは。人生上手くいかなくてダラダラ生きてたら気づいたら韓ドラにハマっていました。私の基本的な関心は、舞台とfgoと姉のことだけなのですが、5月に入り韓ドラ君が私の中の関心パーセンテージを30%ほど持って行ってしまいました。ハマりすぎてにっちもさっちも行かず気づいたら9月に韓国行くことが決まってしまったので(!?)、今日は私の好きな韓国ドラマについて紹介させてください。でもほんとに、にわかもにわかで相当浅い紹介になるので暇すぎて死にそうな人だけ読んでください。(暇すぎて死にそうな人はfgoダウンロードしたほうがいいと思うけど)


恋はチーズ・イン・ザ・トラップ DVD-SET1

恋はチーズ・イン・ザ・トラップ DVD-SET1

まず私が韓ドラに入ったきっかけから。TLで話題になっていたチーズインザトラップというウェブ漫画が発端です。漫画がそもそもとても面白くて、そして自分の心をぐりぐりエグる内容でハマりました。調べて行くうちにあ〜韓国の漫画なんだ。ドラマにもなってるのか、いっちょ見てみよ。というノリです。2.5次元舞台にはまってる身として漫画の実写に対して全く抵抗がないので、派生作品には強気です。ツタヤで5巻くらいまで借りてきて、結果ペク・イノ(日本版でいう河村亮)役のソ・ガンジュンにどハマりしました。顔がかわいい。亮役がとても合っていました。内容は漫画に沿ってておもしろいままです。ただ最終回があんまり評判が良くないです。亮が私の思う完璧で最高な終わりを迎えたので私は好きです。このドラマのメインヒーローである青田先輩を演じるパク・へジンも大好き。この後によく出会う。


完全に韓ドラに堕ちた原因。
韓ドラによくあることなんですけど、タイトルが絶妙にダサい。麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜。やばい。エモい。こんなの見つけたら見るしかないじゃないですか。これはチーズインザトラップ返しに行ったツタヤで宣伝してたので見かけて気になりました。感想は一言でいうと「恋はジェットコースター 時のレールを走りながら」って感じ。
現代を生きる主人公が子供を助けるために飛び込んだ湖で溺れ、気づいたら韓国の高麗時代の貴族の娘の体に魂だけトリップしちゃった!?しかも宮殿には8人の美しい皇子が!?みんなが私を取り合っちゃって大変!という乙女ゲームも真っ青な設定です。
私がこじらせた原因はこの皇子たちの中の第8皇子、ワン・ソ皇子(演:イ・ジュンギ)です。この皇子、母の愛に飢える、悲しい傷を心と顔に負ったテンプレート不器用さんです。他の皇子と違い、人々から疎まれ恐れられて生きてきたため、他者に壁を作り人を殺すことでしか母に尽くせません。そんなソ皇子の生き方をヒロインは理解して受け入れます。皇子はヒロインの心に触れていつしか惹かれあって行きます。
文章にすると有りがちだけど、ここに行き着くまでに様々な事件や困難を乗り越えるのが、じれったくて切なくて、最高です。気づくと私はソ皇子の祖母になっていました。「ソ・皇子が自分の思う拙い優しさでヘ・ス(ヒロイン)を大事にしている様子を見ると涙が出る。こんな子に育ってくれた良かった。」意味不明。
この最終回には正直異論を唱えたいところはありますが、制作背景などを見ると仕方がないのかなと思うところもあります。続編が切実にほしい。今回のタイトルはAimer「蝶々結び」からで、ソ皇子とヘ・スのイメソンです。(クソオタクなのでもちろんイメソンはあります)

宮~Love in Palace DVD-BOX (シンプルBOXシリーズ)

宮~Love in Palace DVD-BOX (シンプルBOXシリーズ)


多くは語りませんが、おもしろい。これもヒロインと皇太子の関係がじれったくてかわいい。麗で宮廷の制度などをざっくり学んだ後だったので、現代に宮廷があればここがこう変わってここは変わらないままなんだ〜っていう比較をするのがすごく楽しかった。役職や制度などは、やっぱり韓国特有の名称や決まりがあるので、初めは時代物から学ぶのがベターかなと思いました。



これはつい昨日見終わったのですが、文句なしにおもしろかった!設定やストーリーが良くできていて無駄がない。枠内にきっちり収められた名作という感想。
ヒロインと相手の恋と、共に描かれるサスペンス的なストーリーの2本の大筋が同時に進行していて飽きさせない。突飛な設定だが、しっかりとストーリーに落とし込んでいて描きたいものがぶれない。
ヒロインの弟のヨンジェが大好きで出るたび天を仰ぎました。というのも、一応推し俳優...のような人がこのヨンジェを演じたアン・ジェヒョンだからです。


最後に!これはまだレンタルが最後まで発売されていないのですが、めちゃくちゃおもしろいので紹介。
ヒロインが父の描いたウェブ漫画の中に引っ張り込まれ、漫画の主人公である完璧な男性と恋に落ちる...という内容です。先が読めない展開で、純粋に続きが気になります。私は正直相手の男性の顔が好きじゃない...って思ってたのですが、進むにつれてかっこいい....好き...となりました。軽率。韓ドラはこういうことがよくある。6/2から最終巻までレンタル開始です!よろしくお願いします!(ツタヤの宣伝担当ではない)


アホな感想を書いてきましたが、ご紹介したのは私が見た一部です。まだまだ好きな作品はあるのですが、とくにおすすめしたいものだけ紹介しました。
どうしてここまで韓ドラに突き動かされるんだろうなって考えたときに浮かんだのは優れた心情描写でした。
私は結構日本のドラマも見ますが、日本のドラマのカップルって気づいたら好き同士じゃない?何故好きになった過程をすっ飛ばすの?そこが重要では?って思うことが多々あります。これには韓国ドラマと日本ドラマの尺の違いや編成が関わってくると思います。しかし、韓ドラは特に感情描写に力を入れていると思います。人と人が惹かれあうことの嘘臭さや俗っぽさがない。(これはあくまで私の考えです。そうじゃない日本ドラマもあるし)
これを書いていて、自分はやっぱり恋愛に夢見てるんだなって思いました。喪女。韓ドラの話はひとまず終わり。


先行きは不安ですが、とりあえずメサイア悠久ノ章の行きたいところのチケットはあるし、まさかまさかのfgoも取れたし、精一杯生きるしかない。