名探偵のいない密室

若手俳優の舞台のこと中心

王であるということ・王に仕えるということ Fate/Grand Oder THE STAGEの感想

 

Fate/GrandOrderというアプリに出会って一年と少しが経ちました。わたしはアプリゲームが全然続かなくて、熱中してやるものの1週間経たないうちにやめてしまいます。そんなわたしが一年以上も続けているこのアプリ。課金の辛さを教えてくれたこのアプリ。思えば今大好きなFateシリーズもこのアプリをしたいがために見て、逆にズブズブはまるきっかけになったのでした。なぜFGOがやりたかったというと単純にアルジュナの見た目が好きだったからです!この子かわいいな〜〜でもFate知らないしな〜ちょっと見てみようかな〜〜でこのザマ。今では時間があれば開いて種火を集めてQP不足に文句を言ってイベントを必死に走ってます。最近友達でもFGOを始める人が多く、説明するときにああ、わたしはFGOFateが好きだなあという実感を今更ながらしています。

そんなFGOが舞台になると聞いて内心すごく不安でした。私はFGOが大好きだしお芝居を見るのも2.5次元舞台に行くのも大好きです。だけどFateという歴史が長い作品が、女性コンテンツのイメージがある舞台になるということは様々な意味で容易ではないと思いました。だけど本当に杞憂だったな!と感じました。素晴らしい作品だった!

以下は自分のための覚書です。

 

 

マシュ

わたしはマシュ・キリエライトが好きで本当に好きで大体グッズは彼女のものを一番最初に買うのだけれど、マシュを演じてくださった方はお芝居が初めてだと言っていて正直怖かったんだけど、本当に杞憂だった。マシュの想いをきちんと理解してマシュになってくれたのがよくわかった。お声も凛と澄んでいて聞き取りやすかったし、あのクセのある衣装を難なく着こなしていて素晴らしい。ランスロットに対する塩対応も最高。あそこのからみもうちょっと見たかったな。後半は泣いちゃうよねえ。マシュがほんとうに守りたいと思ったものを守るための盾を持っている。そしてそれはマシュにしか使えないんだ...。

なんと尊い。マシュは世界一かわいい後輩。大好きだよ...。

 

ダ・ヴィンチちゃん

ダ・ヴィンチちゃんも大好き。呼符で引くことができて終章後の幕間で深く感銘を受けて小説書いたほど。Ririkoさん演じるダ・ヴィンチちゃんはダ・ヴィンチちゃんそのものだった!!!!なんかほんとうに感動したなあ。声とか仕草とかもそうなんだけど、実はロマニを心配してるとことかマスターとマシュを大切に思っているところかが伝わってきた。歌がお上手で(宝塚出身だから当然かもしれないけど)、あんまり音響の良くないブルーシアターでもしっかり歌詞が聞き取れました。歌がうまい人って歌詞を乗せるのが上手なんだよね。今回私の中でMVPかもしれない。

 

獅子王

凛としたお顔立ちと少し冷たい声が獅子王でした。Fate/stay nightではアルトリアが一番好きです。王になってしまった女の子。そんな彼女があのとき死ねずに生きていたらという苦しい役。ステナイで王という人種についてとても考えさせられました。Fate好きだなあって思うときいつもセイバーのこと考えてる気がする。彼女が舞台に現れると場が引き締まるのを感じました。

 

ランスロット

小野健斗くんはいろいろな舞台でよく見てるので、信頼と安心を全幅に置いています。そうかあ、小野健斗も娘(息子)ができる歳かあという謎の感慨。FGOランスロットお父さんらしくマシュに怒られてあわあわするところもコミカルでよかった!余談だけどアロンダイト長くてちょっと扱いづらそう。

 

トリスタン

一番ビジュアルどうするんだろうと思ってたけど、やっぱ目瞑っていくのね。それでもビュンビュン動いてたのでプロ根性を感じました。彼も役をモノにしてたと思います。トリスタンはこの6章の中ではとても難しい役だと思います。プレイ当時めっちゃ嫌いだった。ハサンの糸に取り込まれていくところ、切なくていいシーンだよなあ。

 

ガウェイン

はい!!!推し!!!今回ランブロで今までにないほど苦しんだ。(結局全部来てくれたありがとう。個人ブロマイドは買えなかったんだけどね)

実は他にやってほしい役者さんがいたのですが、今回山口さんに決まってからビジュアルが出て、とても良くて安心しました。それ以上にお芝居がよかった!!一挙一動がガウェインだった!剣を振るうときも後ろで控えているときも。彼は忠義の人だから、それが間違っていると分かっていても王に従うしかないんですよね。獅子王と対面する直前におってくるガウェインのシーンで、辛そうな顔で挑んでくるのが彼の悲しい矛盾がよく表れていました。

エクスカリバーラティーンは、本当に剣を投げてから撃っていて、ほんとに原作ファンのことを考えてくれているんだと胸が熱くなりました。この剣は太陽の移し身...って詠唱聞くだけでテンションあがる。山口さん、本当にありがたいことに我々以上にガウェインを愛してくださってるから秋もよろしくお願いします。

 

モードレッド

マジでモードレッドは実在した。他の騎士に比べてちっちゃいんですが(女っていうな!)ハキハキとした態度で自分より大きい相手と渡り歩きます。かっこいい!!!ほんとにモーさんだった....。メンチ切られたい。

今回のお話は、父に認められたいという気持ち半ばで消えていく辛い話ですが、アポクリファで楽しそうにしてるモーさんが見られるから大丈夫!!!アポクリファほんとに面白い。あと休憩中に10連回したら来てくれました。やったー!ずっと欲しかった!うちに獅子王はいないけどセイバーアルトリアと並んで種火を狩りに行こうね。

 

アグラヴェイン

アッくん....。はやく実装されてくれ....。運営さんよくこんなに似てる方連れてこられますね。尊敬。美しいお顔だった。ガウェインとの兄弟ショットあまりにもかわいい。

 

アーラシュ

西川くん!!!!西川くんじゃないか!!!ニンニンぶりです。ほんとうに成長したねえ。アーラシュの気のいい兄ちゃんというキャラクターにとても合った良いキャスティングでした。ステラーーー!!!は正直トラウマだけど、演出も良かったなあ。

 

オジマンディアス

めっちゃ動くめっちゃかわいい。アイアムオジマンディアスキングオブキング!!ほんとに良かったうるさい王様って感じで。なんでうちに来てくれないの...。

 

 

ベディヴィエール

ベディ....。プレイ当時はベディヴィエールの在り方が恐ろしかった。王への贖罪のために生き続けた騎士。恐ろしいほどの信念だと思います。ソロ曲はとてつもなく切ない...。7章はベディのための物語だったね。佐奈くんは初めましてだったけれど、すっきりした綺麗なお顔がとてもベディでした。カテコで円卓に飛び込んでいくベディにはちゃめちゃに泣かされました。

 

藤丸立夏

私は主人公=自分に重ねるタイプではなく、完全に俯瞰するプレイスタイルです。その中でも彼(彼女)はメタネタをブッ込んだり、ノリのいい一登場人物という認識が強くて、かなり好きです。ただ本編と同様、セリフが少ないのが残念だったなあ。今回は男主人公だけしか見られてないので、ぐだ子が楽しみです。佐伯くんも初めましてだったけれどとても主人公顔ですね。なるほど守沢千秋だわ。

 

 

ロマニ・アーキマン

彼について語るのは二億光年待ってほしい。とりあえず2幕序盤の曲が泣くほど可愛かったのとちょいちょい伏線張ってくるのとカテコの超超超お上品でかわいいお辞儀のことだけ。

 

 

思ってたよりクソ感想になってしまった....。しかも見てからかなり経ってますね。FGOのことになるとほんとに冷静になれません。

秋公演も行こうと思ったのですが、思ってた以上に倍率が厳しそうで無理っぽいですね...。しかもその前にメサイアがあるので精神的にもお財布的にも疲弊してそうなので今回はお留守番かな。ブルーレイを楽しみにします。

それからせっかくなのでFGOのプレイ状況を報告しておこうかな。

福袋はジャンヌで爆死、ホームズはエルキドゥの半分くらいの課金でやってきた、英霊正装はもちろんアルジュナです。リヨバサちゃんがかわいい。そろそろメサイアのモードに入りたいけど、まだまだインド組に悩殺されてます。