諭吉拾い音頭

オタク、限界

宝塚が気になる他ジャンルのオタクが出来るだけ低コストで宝塚に触れるのを応援するエントリ

 早いもので桜もほとんど散り、新緑が目に痛い季節になった。日差しもなんだかちくちくしてむず痒い。こんな退屈で平和な日々には、吉井和哉も川べりで物憂げに「春はなんか優しくて残酷」と歌っている。
四月、私は今までの環境を飛び出して、ごくごく普通の人間の営みをしている。ヤバイ、これでは真人間になってしまう、地元で狂犬と呼ばれたこの私が仕事を終えて米を炊いて洗濯して11時には寝ているなんてありえない、ヤバイ、と謎の恐怖を感じている。
普通の人間になんかなりたくなかったのだ。
常にトンチキな格好をしてギラギラと宙を睨んでいた私。毎晩3時までソシャゲをして翌日12時に起きる私。そんな私が縁もゆかりもない土地で懸命に生きている。そんな自分が可愛くて愛おしくてたまらない。

前置きが長くなりましたが、宝塚が好きです。散々このブログでもお伝えして来ましたが、私は、宝塚が好き。まだ出会って半年にも満たないペラッペラの新米ですがこの気持ちは誰にも負けません。かつて渡り歩いてきた他ジャンルの人々にこれを言うと「羨ましい」と言われます。彼女たちは他ジャンルにいながら宝塚の素晴らしさを遺伝子で知っているのです。それならなぜ見ないの?というと、それは私も身をもって知っているのですが、ズブズブにハマることが怖いのです。宝塚という最後のオアシスに足を取られて他ジャンルを疎かにしたくないというのもあります。わかる。でもそんなの関係ねえ!!!!!!宝塚を見ろ!!!!!
今始めないと後々後悔することは、進研ゼミ
が教えてくれたよね。私も、あと数ヶ月早くハマっていれば贔屓の主演公演に行けたかもしれないと何度も枕を濡らしています。

 

注意書き
私はにわかの中のにわかで毎日勉強することが山ほどあるのですが、これくらいにわかの人間に勧められたほうが怖くないと思う。私なんかでも楽しいヅカライフが送れているよ、というのを知ってもらって私の屍を超えて立派なオタクになってほしい、そんな気持ちで書いています。全ての文章にあくまで(自論です)がつく薄っぺらい文章かつ、宝塚を知って日がめちゃくちゃ浅いほとんど素人(元々若手俳優オタク)が紹介するおススメ方法なので、もし歴戦の玄人ヅカオタの方などが読んでいる場合は今すぐ閉じて、スカイステージの視聴に戻ってください!!!ごめんなさい!!


知らない世界が怖いと尻込んでいるあなたのために、出来るだけ少ないコストで宝塚に触れてもらえるような、そんなブログを書きました。聞いてください、「宝塚って、怖くない」(怖いところも実際ある)

 

はじめに

お客様の中に、バンギャ若手俳優オタ、ジャニオタ、その他アイドルオタ、関係性萌えの方はいらっしゃいませんか?あ、沢山いらっしゃる。よかった〜これで心臓発作を起こしたヅカオタの命が助かります。
ここまでニコニコと説明してきましたが、宝塚は基本的に全オタクが好きな要素しかありません。残念でした。
コストが低い順に提案するので手が出せそうなものからいきましょう!

 

 

1 とりあえずYoutubeの公式チャンネルでジェンヌが動いているのを見てみる

おススメ度 ☆☆☆★★

コスト:無料

長所:短いし、トップや準トップあたりがピックアップされているから顔を把握しやすい。ここで好みのお顔やお歌やダンスを見つけられたら勝ち。

短所:ふわっとした内容しかわからない。行きたくても行けなくてもどかしくなる(私が)。


雪組公演『ひかりふる路(みち) 〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜』 『SUPER VOYAGER!』初日舞台映像(ロング) - YouTube

花組公演『ポーの一族』初日舞台映像(ロング) - YouTube

月組公演『カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』『BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』初日舞台映像(ロング) - YouTube


この辺りが最近やってたやつです。ここからさらに色々関連を見てみましょう。


2 スカパーが無料の日にスカイステージを見る

おススメ度 ☆★★★★

コスト:無料

長所:無料なので自分に合わないと思ったらすぐに撤収できる。気に入れば一日中無料で見放題。次回は5/6(日)です。

短所:スカパーが見られる環境にある人しか見られない。1日しか見られないので、自分の好みの作品が見られるとは限らない。でも5/6は花組のEXCITER!という最高のショーがあるので見たら楽しくなれると思う。後述するけど画質が終わっている。

 

3 アマゾンプライムでレンタルする

https://www.amazon.co.jp/b/ref=nodl_?ie=UTF8&node=5470907051

おススメ度 ☆☆★★★

コスト:216円〜864円

長所:1000円以内で気になった作品が手軽に見られる。名作どころが多い。でも最近のものはあまりない。私の浅くて浅い視聴履歴からのオススメは、花組エリザベートと星逢一夜、宝塚幻想曲です!(オラついている贔屓を見てくれ)二次元のオタクなら銀河英雄伝説もおすすめ!多分ツイッターで呟くとどこからともなくオタクが現れてお勧めを教えてくれるであろう。

短所:画質が終わっている。後述するスカイステージもですが、画質が荒すぎて引きの映像だと見分けがつかないことすらある。課金をしているのに...。

 

4 Gyao!のタカラヅカ・オン・デマンドに入会する

https://gyao.yahoo.co.jp/monthly/0000263838/

おススメ度 ☆☆★★★

コスト:1620円

長所:おそらくアマゾンプライムにあるラインナップと同じものが月額見放題で見られる。お得なのはこっちかもしれない。見放題の中にジェンヌさんのインタビュー番組などもあるので各個人の知識が深まりそう。

短所:入ったことがないので画質に関してはなんとも...。あえてあげるならプレステに対応していないのでアマゾンと違って大画面で見られるテレビが限られる。

5 大劇場或いは東京劇場に行っちゃう

おススメ度 ★★★★★

コスト:2000円〜2500円

長所:とりあえず見ないことには始まらない!!当日券はまさかの2000円代!無料です。怖い気持ちはあると思うけど行ってみれば結構なんてことない。劇場がとても綺麗なのでそれを見るだけでも価値がある!最後尾や立ち見が辛いということならおけぴや譲渡などがたまにあるのでそれを譲ってもらうのもアリです。お近くにヅカオタがいるなら彼女たちに一度相談してみるのもいい。どこからともなくチケットを持って現れます。

短所:もし当日券ならちょっと気合をいれて朝から並ばなければいけない。(演目によるけど)人気公演だと始発になることも...。ムラの方が広くて当日券の数も多いので関西の方は是非宝塚大劇場へ!
あと初めて見る演目はやっぱり大事なので、少し情報を集めてから自分に合った演目がやってくるのを待った方がいいかも。今ムラでやっている「天は赤い河のほとり」は個人的に初見には理解しづらいところがあるかもなという印象。これもTLのオタクに相談してみると吉。

 

6 スカイステージに加入する

おススメ度 ☆★★★★

コスト:3121円

長所:1ヶ月ほぼ一日中宝塚の何かしらが見られる。DVD一本買うより全然安くで色々な組のいろいろな演目や、スカイステージ限定のバラエティが見られる。また比較的新作も放映するので、リアルタイムに楽しめる。公演中の演目に関するインタビューや、毎朝宝塚に関するニュースが見られる。ここでしか見られない作品があるので、ヅカオタになったら将来的にここに行き着くしかない。

短所:画質がほんとうによくない。2018年とは思えない。ちょっとお高めだし人によっては視聴環境を整えるのに苦労するかも。でもこれさえあれば最悪劇場に行けなくてもヅカオタライフが満喫できる。


7 ライブビューイングに行ってみる

オススメ度:☆★★★★

http://liveviewing.jp/contents/company/

コスト:4600円

長所:とにかく見ないと始まらない!私はライブビューイングそんなに嫌いではないです。現地の空気感とか結構伝わるし。(でもライブビューイング行くなら現地に行くかなという気持ちはある)劇場が遠い人にとっては近くの映画館で見られるのは便利だと思う。大画面だし。千秋楽の挨拶が見られます。退団者挨拶は詳しくなくても泣けます。

短所:やっぱりちょっと高い。そして今度やるカンパニー/Baddyは特殊だから初見の人にはあまりお勧めできないかもしれない...。一部は割としっちゃかめっちゃかな脚本で、二部はある程度「宝塚のショー」に慣れた人が見ると楽しいです。スカイステージなどで何個かお芝居とショーを見た人にはおススメ。Baddyは最高。DVDは必然的に一部二部がセットなので、もしBaddyを一回でも見ておきたいならライブビューイングを推します。そっちの方が安い。

 

8 指定席を買っちゃう

おススメ度 ★★★★★

コスト:3500円〜12000円

長所:ウェルカムトゥタカラヅカ。やっぱり生観劇に勝るものはない。胸を張ってジェンヌに会いに行こう!

短所:チケットが取れない。贔屓を見つけたら頭がおかしくなってしまう。キャトルレーヴに入り浸ってしまう。現実を忘れてしまう、など。

これからわたしの推している花組のチケット争奪戦が始まるので参加してください。

花組公演 『MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−』『BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

画面が強い。

 

他にも気になるDVDを一本買ってしまうとか、本屋で雑誌を立ち読みして好きな顔を探す、とか楽しみ方は沢山あります!私は他力本願寺の住職をしているので、友人やフォロワーさんにDVDを貸してもらったりチケットを取り次いでもらったりとお世話になってばかりです。最近は友人の入り待ちについて行ってギャラリーするのが楽しかったです。
もしかしたらあなたのTLにも瞬発力のあるオタクがいるかも。その時はしれーっと宝塚気になるな...って呟いてみてください。素敵な出会いがあります。
最後に素敵なツイートを紹介して終わりたいと思います。

私はこれを身を以て知っています。
贔屓を見つけたあの寒い日。不思議に落ち着いた気持ちで外を出ると、宝塚は雪に包まれていました。幸福で涙が出そうでした。ロマンチックすぎるけれど、あの日のことを思い出すと自分の中の一番ピュアな心がふっと蘇ります。ああ、あの時迎えに来てくれたんだなあ。
多分この先宝塚を知らなくても幸せはそこら中にあるでしょう。けれど宝塚を知ればその幸せがさらに美しいものになるかもしれません。あなたのところにもある日突然贔屓がやってきて、にっこりと微笑み手をとって花のみちへ連れ出してくれますようにと、祈りを込めて。