諭吉拾い音頭

オタク、限界

Stop the season in the “HANAGUMI”/〜BEAUTIFUL GARDEN〜百花繚乱〜を見て最高の夏を確信している

おっはよーございます!(赤ブー)

 

暑すぎワロタ!ところでヅカオタのみんな、ビューティフルガーデン略してBG見た?まだ?じゃあ、この記事は見ない方がいいと思うけど、俺は勝手に言いたいこというからよ、着いてこれる奴だけ着いてこいよな!

 

野口幸作、止まらないオタク

 

野口幸作という人は守備範囲の広いオタクである。

たまに知り合いの知り合いくらいにあらゆるジャンルを通ってきたモンスターのようなオタクがいる。こちらが何を言っても、まるで熟練の日本料理人が生簀から生きた魚を流れるように掬うかのごとく全てを拾ってくれる。私は彼女達が好きだ。

野口幸作はそんなオタクによく似ている。とにかく守備範囲が広い。日本海くらい広い。

我々は以前、「SUPER VOYAGER!」というショーを見た。そこには暴風雪(ブリザーズ)という若手アイドル集団がいた。宝塚に来て、アイドルを見るとは微塵も思っていないかった当時宝塚初体験の私はびっくりしてちょっと泣いちゃいそうだった。赤ちゃんが俗世に慣れなくて泣くようなものである。顔の良い男がキラキラしたステージで歌って踊っている。我々オタクはそんな単純な光景のために、いくらでも金を費やせる。私と友人はそれを機に家計簿の欄に「宝塚」の一文を追加した。

そこで使われていた曲は「Hard Knock Days」ここでピンとこない人は多い。歌手はなんとGENERATIONS from EXILE TRIBE。エグザイル。友人にそれを教えてもらった時には千鳥のノブのツッコミを踏襲したスタイルで「エグザイル!」と食い気味で答えてしまった。紛れもなく、正々堂々とエグザイルだった。

GENERATIONS from EXILE TRIBE / 「Hard Knock Days」Music Video ~歌詞有り~ - YouTube

 

例にもれず、私はEXILEに対する感情が無だった。今ではHiGH&LOWを乗り越えて、かる〜〜くメンバーが分かるようになった。結局曲を聴く様になるでもライブに行くようになるでもなく、HiGH&LOWに出ているメンバーのことをうっすら応援し、たまにHiGH&LOWのアルバムを聴く、と言ったところに落ち着いている。(多分オタクの才能がなかった)しかし以前に比べて格段に好意を持っている。

なので、GENERATIONSの曲が使われていることに対して、熱狂的なファンでないにしろ少なからず「分かり」を感じていた。

宝塚で少し前のジャニーズの曲が歌われることは知っていたが、ここにきてLDH。野口氏の鋭いパスに、ヅカオタ新入生の私は腕を伸ばすこともできないまま、立ち尽くしていた。

そして全国ツアー。都合がつかず観劇することは叶わなかったが、雪担の友人はもちろん通っていた。前情報で新たなアイドルグループが組まれるとは聞いていた。Snow Storm(吹雪)。うむ、また同じ曲かな?ジャニーズかも、と胸を踊らせ初日に行った友人に聞いた。

 

「ボイメンだった」

 

ボイメン!!BOYS AND MEN!通称ボイメン!!

鋭い、鋭角!!ボイメン!!!大学時代の友達にボイメンのために大阪から名古屋まで毎週通っていた猛者がいたのと仮面ライダー鎧武のオタクを一時期やっていたためそこそこ身近ではあるが、まさかここで再会するとは。ボイメン、元気だったか?ちゃんと食ってるか?俺は最近宝塚にハマってんだ。

野口先生はドッチボールをしたら、内野に気をとられた人にもう一つボールを持ち込んで外野から当てるのが上手いことで有名だった。外野の野口と呼ばれていた。とりあえずボールは野口に渡しとけって言われてた。(偏見)

まさかボイメンが使われることなんて微塵も考えてなかった私は、何故か悔しさを覚えた。そんな攻めのプレーが許されるのっていっつも野口くんだけじゃん。私ももっと攻めた生き方したいよ.....!しがないサラリーマンの私はいつしか野口先生に憧れを憶えていたのだ。(ちなみに私の考える攻めた人生というのは推してる先輩のプレゼン中にキンブレを振るとか、賃貸のマンションの天井に穴をぶち打ち開けてミラーボールをつけることなどである)(後者はもうやってたわ)

 

そして来たる7/13。BEUTIFUL GARDEN初日。私はひたすら薄目でTLを見た。自分の初日は7/14。一日我慢すれば見られるのに気になってしまう、それがオタクの性。視界に引っかかったそこには「れいちゃんとマイティーの青春アミーゴ」とあった。

前情報として歌劇でまた前回のようにアイドル(仮)のシーンがあるとは知っていた。もうその時点でギャア!やめてくれ!と思っていた。

 

そしてそして7/14。自分にとっての初BG、俊速で爆萌えした。

「贔屓 is so cool and beauty and wonderful and lovely and splendidi!! How cute she is...oh no I can not believe that I live in the same dimension as her...」

と軽くテンション高めのオタク外国人観光客になってしまうほど最高だった。(ネット翻訳)

ANNA SUIを彷彿とさせる世界観がドンピシャに好きだし、強めのオラついたオープニングも驚くほど肌に馴染む。野口先生、今度好きな乙女ゲーム山手線ゲームしよ!ってほどにRej●tの世界観。銀橋渡りの衣装なんか、シチュエーションCDのジャケットか??って、オタクは思った。なによりも夏メロが最高に盛り上がってめちゃくちゃ楽しかった...。柚香さんの「シーズン・インザ・サン」はマジで季節を止める力があるし、「夏を抱きしめて」で上品な衣装でしっとり踊ったあとに「HOT LIMIT」のイントロで挑戦的な表情で身体を揺らす明日海さんと仙名さん、ムッチャ好き。鳳月さんの「ジラされて熱帯」は後世に残したい。文化として。

噂の89期×95期は「アヒィ」って声に出た。

 

それで本題のアイドル(仮)のシーン。

参考までに、私は軽〜〜くKinKi Kidsのオタクである。シンメが好きなのだ。狂うほど、好きなのだ。お互いをお互いで補うその不完全さ、歪さ、エモである。

そこに柚香光と水美舞斗の同期を持ってきた野口先生はオタクの極み。

言うまでもないことだけど、後ろのスクリーンにメンバー紹介動画が流れた時には心のそこから爆笑しちゃった。暴風雪の時にこれいけるんじゃね...?って気づいてしまった先生はついに完全なるアイドルPR動画を完成させてしまった。我々も、阪急のお偉いさんも野口先生の世界に麻痺しつつある。

問題は曲である。EXILE、ボイメンと来てもう地下アイドルとか来てもおかしくない、なんなら若手俳優舞台の曲とか来るか...?と身構えていた。

 

オリジナルだった。

 

なんか聞いたことのあるようなメロディにノリのいいダンス、オラついた歌詞。絶対なんらかのオタクコンテンツからの引用だと思わざるを得ないオタクが大好きな曲だったのに!オリジナル!野口先生はオタクの心を弄ぶことに目覚めてしまった。

なんなら野口先生はアイドルをプロデュースしたいのではないかなと思う。EXILEやボイメンの曲を使ってタカラジェンヌの調理の仕方を実験しているのではないか...。彼的に95期が美味しいようなので、今後は桜木みなとさんとか月城かなとさんとかが餌食になるのかもね!(言い方)それとも95期全員集めてアイドルユニットとか組まされちゃうかもね!

もちろん賛否両論あるだろうけど、単純に楽しい×楽しいは超楽しいので私は野口先生のことめっちゃ応援してるし今後絶大な権力を握って欲しいと思ってる。そんで私の好きなあらゆる乙女ゲームの脚本を書いて欲しい。癒着したい。

とりあえず野口先生、今度パセラとか行って好きな乙女ゲームの話とかしよ!僕はBLACK WOLVES SAGAくん!

 

BLACK WOLVES SAGA -Weiβ und Schwarz-

メヨーヨ・フォン・ガバルディ(演:柚香光)すぎん?