トリガー・ハッピー

オタク、限界

この宝塚楽曲を聞け!〜毎日の仕事をマシなものにする曲編〜

 

身近に刃物がある職業ー例えば飲食、美容師、侍などーに就かなかったことに安堵している。
私はかなりカッとしやすいので、忙しいときに上司にしょうもない話をされた時には脳内でタカラジェンヌしりとりをして頭を冷やしているのだが、(馬鹿課長→宇月颯→天寿光希→綺咲愛里、り、り、り)といつもそこで止まってしまう。*1

「仕事」を序詞にして和歌を作ろうとすると、「辞めたい」「クソ」などで締めることは歌人にとって当然の修辞法である。
人は古代より、労働というものに支配されてきた。人類の発展は労働とともにあったと言っても過言ではない。
しかし、我々人類は今現在未曾有の「働きたくなさ」に直面している。

働くということにはエレガンスが無い。私は常々エレガンスに生きたいと思っているし、そうあるように努力している。チケット代は決してケチらずSS席2連番に応募するし*2、時間がかかったとしても必ずJRではなくふかふかの椅子の阪急に乗り宝塚に貢献したような気持ちになって宝塚駅に降り立つようにしている。
そういうエレガンスこそが、人生を楽しむ秘訣である。
では労働はどうか。
そう問われたら私は即座に答えるだろう。

「労働は優雅じゃない」と。

しかし我々は働くことなくしては宝塚を見ることはできない。これは剣を握らなければおまえを守れないが剣を握ったままでは おまえを抱き締められないのと同じで、働かなければ宝塚を見られないのだ。働いていれば宝塚を見られないのに。
そんな悲しき労働者である我々を癒すのはやはり、宝塚である。卵が先か鶏が先かという話になってしまい大変恐縮なのだが、人は宝塚を見ずして働くことは不可能である。

 

f:id:mimikomgmg:20181026080300j:image

 

このジレンマに陥った我々は一時の間宝塚に傷を癒してもらう他ないのである。
傷つき疲れた我々が平日にできること。それは定時になった瞬間耳の穴にイヤホンを突っ込んで宝塚の曲を聴くことのみである。
遅くなったが、本文は定時後に聴きたい宝塚ソングと題して私が主観と偏見のみで選んだ楽曲をゆる〜〜い感じで紹介するものである!


顎で受けなさい

(ME AND MY GIRL)

考えりゃみんなくだらないことだ
ガタガタしても死ぬの待つだけ
生きてればどんな目に遭おうとも
顎で受け止めて苦虫潰してスマイル
ちょっとした知恵
悲しみ受け流す知恵
顎で受け止めてにやりとしてからスマイル


「あたしは笑ってんのさ!!!!!」(クソデカ声)


大抵のヅカオタはこれを一番に上げるだろう。怒られた後にはこの曲が一番効く。即効性がある。人はどうせ死ぬのだから目の前のしょうもない悩みなど3秒で忘れて今度キャトルレーヴに行った時に買うもののリストアップをする方が時間を有効に使える。
わたしも知らんふりして朗らかにしたいものであるがそういう質ではないので上司の怒りを全て無視して、次の公演デザートの名前を自分なりに考えいつ名付け親として指名されてもお役が果たせるようにセンスを磨いている。


わたしだけに(エリザベート)

私だけに

私だけに

たとえ王家に嫁いだ身でも
命だけは預けはしない
私が命ゆだねるそれは 私だけに

ここで58RTというしょうもないややバズりをした弊ツイートを紹介させていただく。

 

 

 

 

会社は時折友人のような、恋人のような顔で擦り寄ってくることがある。急に家族ヅラしてくる。しょうもない飲み会や交流会を強要してくる。そういったときに聞きたい一曲である。
仕事をしてお金をもらっている以上見合った働きをしなければならないのはわかるが、時間外に関してはその限りではない。
オタクよ、魂を売り渡してはいけない。

ちなみに私は飲み会などに誘われた場合、サンリオキャラクターなので分かりません、みたいな顔をして椅子に座って斜め上の空間を見ている。なんでそんなくだらん会に3500円も払わんとあかんねん、その金で宝塚ファーストフォトブックvol.5 愛月ひかる(DVD付)買うわ。

 

宝塚ファーストフォトブック vol.5―DVD付 愛月ひかる (タカラヅカmook)

宝塚ファーストフォトブック vol.5―DVD付 愛月ひかる (タカラヅカmook)

 

 


ETERNAL GARDEN TAKARAZUKA (BEAUTIFUL GARDEN)明日海りお

月に夜に迷って涙したあの日
誰かが私を励ましてくれた
あなたはいつか大きな花を咲かせる
だから明日を信じて


初めに、神は宝塚を創造された。地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。神は言われた。
「みりおあれ。」
こうして、明日海りおがあった。

「創世記 一章 1節から3節」

 

明日海さんが輝いてるから自分も宝塚を見るに値する人間になろうと思えます。
週末に見る最高の宝塚のために一日一日を一生懸命生きような。


明日になれば(風と共に去りぬ)

悲しみは 明日にしよう
涙をこらえ 泣くのはよそう
人の世に 別れはあれど
この世には 明日がある
夜が来れば 朝が近い
冬が来れば 春は近い
明日になれば 明日になれば
月は沈み 日は昇る

明日になればまた労働が迫ってくるんですけど....。困ったな。


誇りにのみ(Rep)

(金色の砂漠)柚香光、ほか

誇りにのみ(Rep.)

誇りにのみ(Rep.)

砂漠の怒りが聞こえる
誰のものでもない
この砂漠は砂漠のもの
自由と死がただせめぎ合う
何者にも属しない
秩序はいらない


会社や上司にキレながら帰っている時に聞くと、自分の怒りを代弁してくれるような錯覚があり、自然と帰宅を急ぐ足が進む。冒頭の水美舞斗さんの本気でキレてる様子がかなりいい。何者にも属しない。秩序はいらない。仕事場でもそうありたい。

 

哀しみのバンパネラ

(ポーの一族)明日海りお

哀しみのバンパネラ

哀しみのバンパネラ

人に産まれて
人ではなくなり
幸せの残り香も忘れた
哀しみを抱いて生きる
僕はバンパネラ

もう仕事がどうにもならん!!めちゃくちゃ!という場合には、自分が永遠を生きるバンパネラであると思い込みましょう。

「私のようなバンパネラにとってこのようなひと時は一瞬...。人間がこんな書類一枚に右往左往する様は愚かだ...。(萩尾望都作画顔でしどけなく足を組み、窓際にもたれかかりながら)」
バンパネラは人じゃないから仕事とかしない!試験もなんにもない!


BADDY

(BADDY〜悪党は月からやってくる〜)珠城りょう、ほか

BADDY(1)

BADDY(1)

邪魔だ!どけ!
誰も俺を止められない
悪逆非道 Don’t stop me,I am BAD!
I’m BADDY!

定時が過ぎても上司の長い話に邪魔されて帰れない時は脳内BADDYに職場をめちゃくちゃにしてもらおう!邪魔だ!!!どけ!!!!!!だれも俺をとめ〜〜られない!!!


パレード(モンパリ/吾が巴里よ)(カルーセル輪舞曲)珠城りょう、ほか

 

夢が踊り始め
希望に溢れて
輝く世界へ
旅を始める明日へ

金曜の定時後に聞きたい。歌いながら羽を付けてシャンシャンを持って上司に向かって(ありがとうございました)のお辞儀をしたい。本日の公演は終了いたしました。どなた様もお忘れ物のないようお気をつけてお帰りください。

 

 

いかがでしょうか。あなたのストレスを昇華する楽曲がありましたでしょうか?これは完全に主観なのでもっとこういう曲があるぞなどあればお寄せください。

やれやれ、仕事、すっか...。(上司を殴る絵文字)

*1:梨花ますみがいるだろいい加減にしろ

*2:当たるとは言ってない